スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

6週間後のアメリカンチェリー酒2009 

すっかり忘れていましたが、7月頭に仕込んでいた、アメリカンチェリー酒。
(※作った際の様子は、こちらのエントリ参照)。
cherry20090818-0.jpg
「レモンを、2週間後に取り出す」

と手帳にメモしていたのに、メンドーで、そのまま放置すること3週間。
(手帳にメモった意味なし)。

夏休みの課題(?)のひとつとして、手をつけてみました。

ちなみに、漬けた当日の画像がこちら。
cherry2009-7.jpg
↑2009年7月5日。
無色透明のホワイトリカーの色です。

そして、翌日の画像。
sake20090706-1.jpg
↑2009年7月6日。
たった1日で、アメリカンチェリーの赤い色が出ています。

そして、6週間経過した、アメリカンチェリー酒。
cherry20090818-1.jpg
↑2009年8月18日。
濃い赤色になっています。
cherry20090818-2.jpg
画像では、かなり赤黒く写っていますが、透明の深い赤色で、とてもキレイ
その代わり、中に漬けたアメリカンチェリー自体は、脱色され、不気味な白い物体になっています…。

で、瓶から、レモンを全て、取り出しました。
(ずっと漬けていると、レモンの苦味が出てしまうそうです)。
cherry20090818-3.jpg
↑レモンも、すっかり、チェリー色に
試しに、1つ食べてみたところ…。

うひゃ!
すっごい濃厚な、レモンのお酒漬けの味(@@)!

レモンの酸味、チェリーの香りと氷砂糖の甘みもあって、それなりに美味しいのですが…。
何よりも、アルコール度が高!
このレモンの輪切り1個で、喉がカーっとしました

凍らせてシャーベットにしようかと思ってますが、ケーキやヨーグルトに入れるなど、加工した方が生で食べるより、美味しい感じですね。

ついでに、アメリカンチェリー酒自体も、試飲してみました
cherry20090818-5.jpg
↑6週間ちょっと時点での、アメリカンチェリー酒。

キレイな赤色のお酒で、見た目はとても可愛い

香りは…特に、何といった香りはしません。
しいていえば、洋酒っぽい香り?
アメリカンチェリー自体が、香りが強くないせいかと。

味は…香りとは裏腹に、意外に、フルーティー!
アメリカンチェリーの甘さと、レモンの酸っぱさがミックスされて、丁度いい感じです

今回、氷砂糖を控えめの分量で作ったせいか、缶チューハイとかの果実酒を考えると、甘さ控えめのお味。
…私は、甘党なので、もう少し甘さを強くしてもよかったかも?

でも、その代わりに、果実の味は、わかりやすかったです。
cherry20090818-4.jpg
本当の飲み頃は、3ヶ月後かららしいので、10月頃が、一番美味しくなっている…はず!

今回はストレートで試飲してみましたが、アメリカンチェリー酒の場合、色も可愛いので、炭酸水で割ったりすると、ピンク色になって、キレイかも

何より、ストレートだと、アルコール度数が、私には強すぎ…かも…
試飲したのは、大さじ2杯半でしたが、今すでに、ちょっとイイ気分です(^^;)。

まだ、夕方なのですが、このよい気分のまま、夕食の買い物に行ってこようと思います





[ 2009/08/18 19:02 ] ズボラーだって果実酒 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。