スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

お盆*偲ぶ日 

お盆休み。

人に話すとびっくりされるのですが、私は生まれてこのかた、お盆休みにお墓参りをしたことがありません

別に、親戚と絶縁している、とかそういう特別な理由があるわけでなく…。
なぜか、昔から、両親はお盆にお墓参りしてませんでした。

子どもの頃は毎年、夏休みに祖父母宅へは帰省してましたが…。
墓地が、祖父母宅と、全く違う遥か遠方の地にあったためだと思われます

なので、私が(というか墓地近くの親戚以外の親族みんな)、お墓参りするのは、親戚の葬儀の時のみでした。

今年も、墓地には行けませんでしたが、お盆なので、大切だった懐かしいひと達を思い出したり。
obon200908-1.jpg
↑昔、実家で飼っていた愛犬。
お気に入りの写真です


お線香代わりに、お香をたいてみましたが…。

よく考えたら、我が家の愛犬(に限らず、犬はみんなそうだと思いますが)は、火が超苦手だった

夏に、庭で花火をやった時も、犬小屋に隠れてて、無理やり引っ張って、

「ほーら、キレイでしょ?」

と見せたげても、抱っこした腕の中で、しっぽダラーン、ぶるぶるしてたっけ
動物は、火が怖いのですよね…。

愛犬的には、ジャーキーや骨っこ、の方がお供えモノとして喜ぶのでしょうが、私のおやつをお供えしときました。
たまーに、人間のおやつのクッキーとかあげると、ものすごい喜んで食べていたので、コレでもOKでしょう。
obon200908-2.jpg
↑愛犬の写真のみ収めた、ある意味、愛犬写真集。

もっと大きいサイズのアルバムもあるのですが、こちらは携帯できるように(え)、カードホルダーサイズのアルバムに、厳選したショットの写真を入れてます(^^;)。

どんなに気分が沈んでいる時でも、このアルバムを見ると、ほんわか和めます…。
別れの時は辛く、いなくなった当時は悲しいばっかりでしたが、数年経った今では、可愛かったことや楽しかったことばかり、思い出すようになりました。

obon200908-3.jpg
↑こちらは、今日、部屋の片付けをしていて、出てきた本。
祖父から貰った、ミステリ本です。

ドイル、アガサ・クリスティ・エラリー・クイーン、ポー…。
今でも、大好きなミステリばかり。

私が小学生の頃、ルパンやホームズにはまった当初に、祖父が喜んで、貸してくれた本の数々。
祖父が亡くなった際に、沢山あった祖父の蔵書の中から一部を貰いました。

ミステリとコーヒーが好きで、手先の器用だった祖父。
ひとりしか女の孫がいなかったせいもあり、すごーく可愛がってもらった記憶があります。
obon200908-4.jpg
↑露草の押し花が!

昼間、本の整理をしていたら、沢山ある祖父のミステリ本のうちの1冊から、押し花が出てきました…!

この本の発行日は1965年。
購入したのがこれより後だとしても、かなり昔、たぶん、私が生まれる前に挟んだものだと思うので(殆どの本が、祖父が通勤時に読んでいたものなので)、30年以上前の押し花です。

花の色が、今でもキレイに残っていることに、びっくり!
露草は、大好きな花なので、この押し花に気づけて、とても嬉しかったです。

同時に、祖父が植物が好きだったことや、祖母が作ってくれた美味しい料理、一緒に旅行に行ったことなど、普段、全く思い出しもしない、遠い記憶が次々に浮かびました。

懐かしく、色んなことを思い出した1日でした。




[ 2009/08/15 23:46 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。