スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

浅草寺のほおずき市 

週末、休みを利用して、遊びに行ってきました。
上京してから、ずっと行ってみたかったイベント(?)。
hozuki20090710.jpg
都内は浅草、浅草寺(せんそうじ)のほおずき市!

毎年、7月9日と10日に開かれています。
浅草寺の境内に、ずらっと、ほおずきのお店が並ぶ様を、ずっと昔にニュースで見て以来、行ってみたいなあと思っていました。

以下、延々、ほおずき市のレポになります。
単なる見物記ですので、お寺参拝系に興味のある方のみ、どうぞ~(^^;)↓

hozuki20090710-1.jpg
↑浅草寺の入口、雷門。
外国人観光客に混じって、撮ってみました(^^;)。

さて、ほおずき市について。

毎年、7月の9ー10日の両日に、開催されています。

7月9、10日は、浅草寺の功徳日で、「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼ばれ、この日に参拝すると、4万6千日、お参りをしたのと同じ、ご利益があるとされています。
hozuki20090710-2.jpg
↑浅草寺の本堂。
今年は、大規模改修工事のため、見た目が残念なことに、工事シートで覆われていました

毎年、「ほおずき市」に行ってみたいと思っていながら、今回行くまで、私は、「ほおずき市」のことを、単に、「ほおずきを売るための市」と思っていて、「四万六千日」の由来のことは、初めて知りました

江戸時代より、この日の参拝は盛んだったそうで、古い歴史ある市なのですね。
この縁日に合わせて、浅草寺境内には、ほおずきの市がたつようになったそうです。
hozuki20090710-3.jpg
↑本堂の天井。
…そういや、去年の真夏に、友だちと来た時に、見た覚えがあるようなないような…。

功徳日が、9日と10日の2日間あるのは、その昔、

「10日に一番乗りで参拝したい」

という民衆心理から、前日の9日から人出があったためだそうで、今では、7月の9日・10日の両日が、四万六千日のご縁日とされています。

一番乗りで参拝したい、なんて、さすが江戸っ子!
せっかちですね(^^;)。

ともあれ、このありがたーい7月10日に、私も参拝してきました。

…ということは…。
四万六千日分のお参りしたのと同じ
…46,000日とは、約126年分…。

すごい!
もう一生、お参りしなくていいのではっ

という、ズボラーならではの罰当たりな考えがよぎりましたが。
とにかく、他の日にお参りする以上に、ご利益が得られそうです(^^)。

ちなみに、この両日だけに販売(といわないのかも?)される、「雷除け」のお守りも、私と家族の分も、しっかり、買ってきました
hozuki20090710-4.jpg
↑境内のほおずき屋さんの様子。
ほおずきは、このお店のように、鉢植えで売っているお店と、枝で売っているお店があります。

ちなみに、鉢植えは、2500円。
どのお店も、一律、同じ金額でした。
宅配も行っていて、全国に一律800円(だったかな?)で、配達してくれるそうです。
hozuki20090710-5.jpg
↑こちらは、枝売りのお店。
枝売りは、鮮やかなオレンジ色のほおずきで、とっても綺麗!

鉢売りの方は、これから、ほおずきの実がつくので、緑のものが殆どです。
枝売りも、一律1000円だったかと。
hozuki20090710-6.jpg
↑鉢売りのお店。
たーくさん、お店がありますので、色々選べます。
といっても、私はどれがいい出来栄えなのか、よくわかりませんが(^^;)。
hozuki20090710-7.jpg
↑こんな風に、枝売りにも風鈴をつけてくれるお店もありました。
鉢植えは、殆ど、風鈴の飾りつきです。

ほおずきにつける風鈴の音色には、夏に流行する疫病を遠ざけるという由来があり、風鈴の色も厄除けとなる赤色が主でしたが、今日では、様々な色が使われるようになったそうです。

確かに、色だけでなく、今時デザインの、可愛い風鈴が沢山ありました(^^)♪
hozuki20090710-8.jpg
↑枝売りや、袋売りしているお店も。

私も、本当は、枝売りのが欲しかったのですが…。

・飾る場所が、狭い我が家にはない。
・お金がない(トホホ…)。

という理由で、ミニっこいバージョンのを購入。
hozuki20090710-9.jpg
↑5個入り、1袋@500円。
大きめサイズの、ほおずきです(^^)v

ほおずきには、

「水で鵜呑みにすれば、大人は癪を切り、子供は虫の気を去る」

との薬草としての効用もあったとか。
私の親世代だと、ほおずきの実で、音を鳴らして遊んだとか、聞きました。

口にあてて鳴らす(?)そうですが…。
私はやったことがないので、方法がわかりません(^^;)。
hozuki20090710-10.jpg
↑風鈴だけ売っているお店も。
江戸風鈴というらしいです。

ちりんちりん、とガラス特有の軽い音色が、境内いっぱいに、響いていました。
さて、縁日といえば、屋台。
hozuki20090710-11.jpg
↑定番のラムネを飲んでみました。
…なんか、現代風のペットボトル風のラムネでした…。

あの、ガラス瓶のがよかったのですが…
他にも、お好み焼きとか、金魚すくいとか、お祭り定番のお店がずらりと並んでました。
hozuki20090710-12.jpg
↑揚げ饅頭。
こちらは、境内というより、仲見世のお店で買いました。
ホカホカで、あったかくて、美味しい~
hozuki20090710-13.jpg
↑屋台のお店も、ほおずきバージョン。
…ちょっとパチモンくさい、キティちゃん(^^;)。

とまあ、ながーいレポでした!

私が行ったのは、7月10日の夕方でしたが、曇り空の蒸し暑い日で、ちょっとバテました(^^;)。
近くにお住まいの方でしたら、たぶん、午前中に参拝した方が、気候的に楽かと思います。

下町の夏の風情溢れる「ほおずき市」、とても楽しかったです!
後は…、羽子板市とか、ぼろ市とかにも行ってみたいなあ…。
(季節が全く違いますが)。

ヤマもオチもないレポを、最後まで、読んで下さった方、ありがとうございました(^^)。



[ 2009/07/11 23:48 ] 近旅めも | TB(-) | CM(2)

ほおずき市

私も1度行ってみたかったんですよね。
と思いながら今年も終わってしまいましたが(^_^;)

来週、なんにもイベントのない日ですが、
お友達と浅草に行ってきます。
可愛い扇子を購入予定~♪
[ 2009/07/12 15:44 ] [ 編集 ]

ビビアンさんへ

そうなんです、私も毎年、行ってみたいなあ…で終わっていたので、今年は頑張って(?)行ってきました(^^)。
ビビアンさんは、来週、遊びに行かれるのですか。
浅草は、ぶらぶら仲見世を歩くだけでも、十分楽しいですよね♪
どんな扇子をゲットされるか、楽しみです(^^)。
[ 2009/07/12 23:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。