スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

初めてのアメリカンチェリー酒作り2009 

インドアデーの日曜日。
前から気になっていた、さくらんぼのお酒を、作ってみました。
cherry2009-0.jpg
アメリカンチェリー↑を使って、アメリカンチェリー酒作りに、初挑戦!

6月に、梅酒を漬けてから、果実酒にちょっとハマってしまい、色々と果実酒の作り方をネットで見ていたところ。

香りは、枇杷酒。
色は、アメリカンチェリーや、クランベリーなどがキレイ

との情報を得て、自分の目でそれを確かめてみたくなってしまったのです
というわけで、以下、延々、アメリカンチェリー酒作りのメモとなります↓。
☆2リットル用の分量です。

*分量メモ
・アメリカンチェリー:410g
・レモン:2個
・氷砂糖:125g
・ホワイトリカー:900ml

*用意したもの
・アメリカンチェリー:3P(小パック) @148×3
・レモン:冷蔵庫にあったもの(3個入り1袋@128×1)
・氷砂糖:梅酒の残りを使用(1kg入り@398×1のものを梅酒作成時に購入)
・ホワイトリカー:1袋(900ml・35%・タカラ) @698×1
・保存用の瓶:2つ(1リットル用・100均) @100×2
・キッチンペーパー
cherry2009-1.jpg

*作業の手順

1.保存用の瓶を、きれいに水洗いし、乾かしておく。
 (熱湯消毒する方もいますが、瓶が割れる場合もあるそうです。私は自然乾燥のみ)。
 (気になる方は、使用前に、瓶の中をホワイトリカーでくぐらせて消毒?してもOK)。

2.アメリカンチェリーを、ボウルに入れ、きれいに水洗いする。 茎?も取る。
cherry2009-2.jpg
…この段階で、傷みがあるものは除けます。
左のお皿の分は、傷がひどかったので、生食用にしました♪
3P購入しましたが、値きり品のためか、結構傷んでいるのも多く、実際使ったのは、2パック強くらいでした。

3.アメリカンチェリーをキッチンペーパーで、丁寧に拭いて、水気を完全にとる。
cherry2009-3.jpg
…チェリーはツルツルしているので、拭き易かったです。
あ、順番が前後しますが、レモンは輪切りにして、白い部分は切り除けておきます。

4.氷砂糖の分量を計る。
cherry2009-4.jpg
…氷砂糖を入れないレシピもありましたが、甘党なので、入れてみました。

5.瓶に、アメリカンチェリーとレモン、氷砂糖を入れる。
cherry2009-5.jpg
…入れる順番はテキトーです
どの道、レモンは、短期間で取り出しますので、上の方に入れてみました。
…瓶を2つにしたのは、特に意味はありません
本当は、2ℓ用の瓶1本に入れたかったのですが、家に小さいサイズのものしかなかったので…。

6.ホワイトリカーを注いで、完成!
cherry2009-6.jpg
…できたっ!
このまま冷暗所で保存して、3ヶ月~1年ほどでおいしく飲めるようになるみたいです。

…レモンは、二週間ほどで取り出すとのこと。
入れっぱなしだと、苦味が出るようです。

チェリー自体は、半年くらいで出すとか、ずっと入れていてもOKとか、その方によるみたい?
cherry2009-7.jpg
本当に、キレイな赤紫色になるのでしょうか?
数週間後が、楽しみです(^^)♪


(アメリカンチェリー酒を作った日:2009年7月5日)
[ 2009/07/05 23:51 ] ズボラーだって果実酒 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。