スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

初めての枇杷(びわ)酒作り 2009 

先週末に、梅酒を作った勢いで、もひとつ、果実酒を作ってみました。
biwa20090620-1.jpg
枇杷(びわ)で作る、枇杷酒です
スーパーで特売していたので…(私が見た中ではたぶん最安値)。

枇杷といえば…、私の中で高級な果物(笑)。
今まで、一人暮らしをしてきて、自分で買ったことは、ありません。

旬の高価な果物、ということもあるのですが、正直、枇杷って、そんなに美味しいと思ったことがないのです。
高ーい割りには、

・種がでかすぎて、食べる部分が少ない
・果物としての香りも甘みも酸味も、イマイチ
・うすらぼんやりした味

…あ、枇杷の悪口ばっかになってしまった(^^;)。
にもかかわらず、今回、枇杷の果実酒にチャレンジしようと思ったのは、果実酒作りをしている方の多くが、

「枇杷酒は、とても美味しい!果実酒の中で、一番香りがいい

とコメントを出しているのを、梅酒の作り方をググった時に見たからです。

以下、延々、枇杷酒の作り方のメモとなります
☆2リットル用の分量です。

*分量メモ
・枇杷:500g弱
・レモン:2個
・氷砂糖:50g
・ホワイトリカー:900ml

*用意したもの
・枇杷:3P(茂木枇杷) @298×3
・レモン:1袋(3個入) @128×1
・氷砂糖:…梅酒で使った残り
・ホワイトリカー:1袋(900ml・35%・タカラ) @698×1
・保存用の瓶:1つ(2リットル用・無印製品) @1000×1
・キッチンペーパー

*作業の手順

1.保存用の瓶を、きれいに水洗いし、乾かしておく。
 (熱湯消毒する方もいますが、瓶が割れる場合もあるそうです。私は自然乾燥のみ)。
 (気になる方は、使用前に、瓶の中をホワイトリカーでくぐらせて消毒?してもOK)。

2.枇杷を、きれいに水洗いする。
biwa20090620-2.jpg
…この段階で、傷みがあるものは除けます。
左のパックの分が傷モノ系。
3Pのうち、結局使える分は、2Pぶんでした
傷みのあるものは、生食用にしました♪

3.枇杷をキッチンペーパーで、丁寧に拭いて、水気を完全にとる。
レモンは、皮をむいて輪切りにし、ワタ(白い部分)は切り取る。
biwa20090620-3.jpg
…枇杷はヤワそうなので、おっかなびっくり拭きました(笑)。
ヘタを取るのか取らないのか、どちらの方法もありましたが…。
ヘタを取ると、枇杷の実に穴(?)があくので、2つ取ったとこで、私は止めました
レモンは、本当は、もっと白い部分を取った方がよかったかも。
白い部分が残っていると、苦味が出るそうです。

4.瓶に、枇杷とレモンと氷砂糖を、入れる。
biwa20090620-4.jpg
…氷砂糖の分量を量り、枇杷と氷砂糖と一緒に、瓶に入れます。

6.ホワイトリカーを注いで、完成!
biwa20090620-5.jpg
…で・き・た
画像だと、枇杷が水面に出ているように見えますが、実際は、ちゃんとホワイトリカーの中に、沈んでいます。
空気に触れると、枇杷が変色してしまうそうです

このまま冷暗所で保存。

2ヶ月経ったら、レモンを取り出し、1年経ったら、枇杷の実を取り出す…ようです。
…覚えていられるだろーか…
冷蔵庫にでも、でっかいメモを貼っておいた方がいいかも(^^;)。

半年~1年ほどでおいしく飲めるようになるそうで、どんな香りになるのか楽しみです
なぜか、杏仁豆腐みたいな、香りのお酒に、なるらしいですよ?(^^)??

(枇杷酒を作った日:2009年6月20日)

[ 2009/06/21 22:12 ] ズボラーだって果実酒 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。